© 2007 Shikinami Kazuya Architectural Laboratory. All rights reserved.

|住宅|別荘|店舗|横浜|神奈川|東京|千葉|埼玉|兵庫|北海道|大倉山|恵比寿|保土ヶ谷|目黒|富津|小江戸|川越|世田谷|青葉|妙蓮寺|白楽|祖師谷|調布|松濤|加西|根室|

アオバの家

 

主要用途住宅

所在横浜市青葉区

敷地 面積128.43m2

延床面積102.70m2

構造木造

構造設計OUVI inc.

施工山洋工業株式会社

家具KENRIKI

設計期間2011年03月~2011年08月

施工期間2011年09月~2011年12月

撮影雨宮秀也

 

 

 

敷地は、比較的新しい住宅街、いわゆるベッドタウンと呼ばれる場所にある。前面道路から10mほど敷地内通路を介し、4方向全てを隣家の壁で囲まれた旗竿敷地である。周囲の住宅は、誰が決めたかわからないルールに支配され、窓は同じ方向を向き、庭は同じ場所に取られて並んでいる。しかし、少し角度を変えて観察すると、東南に正対するこの敷地には、隣地の建物と庭の隙間から、朝や昼、夕方にそれぞれ異なる方向から光が差し込んでいた。つまり、旗竿敷地においては、周囲と並列させずに隣地の隙間から距離をとることが「居心地の良さ」を生む重要なポイントになると気がついた。

そこで、東西南北に向いた四角いボリュームを隣地の隙間から距離をとって配置し、残りは敷地の形状に沿ったボリュームと重ね合わせた。敷地を訪れた時に感じた光の入り方と同様、内部でも2つのボリュームに少しだけ距離をとり、隙間を設けた。その結果生まれたのが、三角形の庭2つと、スリット状に差し込む光。外部においては、周囲の住宅に圧迫感を与えないようにし、隣家の隙間から光を取り込む。その結果、2つのボリュームの隙間から家中に光を落とすのである。
一方、内部空間では角度を振った外観の構成とは別のロジックでプランニングを行った。それは、これから変化していく、家族と暮らしに対応できる住まいにするためである。玄関ーリビングー寝室 という距離の序列は、家の中にある公私を決める大切な要素である。特に、家の中でもっとも大きい場所となるリビングとそこにつながる庭は、奥行きを持つ空間をつくりだす最も重要な関係となる。2階の個室空間は角度を振った壁によって大きさと開放度の異なるスペースをそれぞれ計画し、暮らしの用途と変化に合わせて使い分けられるようにした。最後は夫婦2人の空間として大きなワンルームに戻すことも可能なように、内壁は構造と切り離した壁(パーテーション)になっている。

隙間から生まれた光と庭、そして庭とつながるリビング、変化する個室、光と空気と視線の抜け、肌に触れる素材感。全ての操作は、「居心地の良さ」に着地する。これは、時代に左右されない普遍性を持つ身体的な感覚である。

 

 

 

Houses around this site have all of the windows and gardens facing south direction.We felt like most designers agreed upon a certain rule in design. When we first visited this site, we were surprised that it was surrounded by houses and it was a very dark. But we found the sunlight from the gaps of the houses. We thought that setting up proper distances among houses is important to get enough sunlight for this site.

At first, we made two volumes in south and north sides.We decided to rotate the center square volume to 45 degrees to make enough distance from the houses in the north side. On the other hand, south side of this house is positioned along the shape of the site. At the same time we provided a gap between two volumes. As a result, it created two triangle gardens and provided some light from the small opening in the inside.We mean that this house can get enough sunlight from the gaps of the neighboring /surrounding houses in the outside and gaps from the two volumes from the inside.
On the other side, there is another concept to make in planning. Each rooms are arranged in certain order putting into consideration how family/users are going to use them in daily life. There are no doors provided for each spaces. We created a common passage/hallway for the spaces. The entrance, kitchen, dinning room, living room, kids room and bedroom were placed right next to each other.The relation of two gardens and the living space is the most important. We notice that the family spends the longest time in the living space so we made the design more flexible.

 

The living space could be extended to the garden to provide a wider space.The living space in the first floor gets enough sunlight from the small opening from the inside and two gardens which have enough distance from the neighboring houses. That makes the space bright the whole time during the day.