© 2007 Shikinami Kazuya Architectural Laboratory. All rights reserved.

|住宅|別荘|店舗|横浜|神奈川|東京|千葉|埼玉|兵庫|北海道|大倉山|恵比寿|保土ヶ谷|目黒|富津|小江戸|川越|世田谷|青葉|妙蓮寺|白楽|祖師谷|調布|松濤|加西|根室|

ドンコロの家

 

主要用途:住宅

所在  :兵庫県加西市

敷地面積:499.00m2

延床面積:107.23m2

構造  :木造

構造設計:OUVI inc.

施工  :神東建設株式会社

設計期間:2009年07月~2013年03月

施工期間:2013年11月~2014年06月

 

 

<6つの部屋と5つの庭>

夫婦、3匹の犬、1匹の猫が住まう家である。犬や猫が自由に動き回れる家にしたいということ、四方が田畑であり開放的な印象のある敷地の中で、農作業者からの視線に配慮した設計とすること、この2点が建主からの要望であった。

まず、大きなボリュームの中に複数の庭を散りばめた。部屋と庭は対の関係で配置され、それぞれの庭には「見る、使う、光を入れる」といった性格を与えた。建物のエントランスから玄関は薄暗い通路、「光を入れる庭」を横目に建物へと入る。その先に見えるのは、壁に囲まれながらも光が差し込む「見る庭」。いつの間にか建物の中に入っていることに気がつけば、その先にあるリビングからは芝敷きの庭が広がり、開放感のある「使う庭」が現れる。2つの庭に挟まれているダイニングは、それ自身も外部であるかのような場所である。そして、ダイニングを挟むように、リビングと対になっている寝室では、開口部の開放感を絞ることで、浴室や書斎の窓先同様に、他の性格をもった庭を「見る庭」へとシフトさせている。そして、アトリエは「光を入れる庭」を独占する、家から距離を置いた特別な場所である。

この家の「庭」には、さまざまな役割がある。5つの庭には、入れる庭と入れない庭がある。それでも空気が連続し、視線がつながることで部屋と庭が、ソトのようなナカのような空間へと広がっていく効果を狙っている。だけど、そんなのおかまいなしに、犬猫たちは部屋と庭のあちこちを、居心地の良い場所を求めながら、ゴロリンとしている。