May 6, 2015

 丸柱に沿って上る階段の加工。

時間をかけて丁寧に進めていきます。

 

 

 

 

シキナミカズヤ建築研究所

 

May 2, 2015

 天井が抜けていたり、部屋を仕切る壁が天井までなかったり、廊下に本棚があったり。

 

フチュウの家は、普通の家を、普通の材料で、普通じゃない空間にしています。

 

 

 

 

シキナミカズヤ建築研究所

 

April 29, 2015

 開口部はなるべく透明感を出したいと思っています。

既製品のサッシでなにができるか。

それは、枠を消すこと。

枠を消すために元よりも少し開口を小さくしているのに、透明感は増します。

 

普通の家を、普通の材料で、普通じゃない空間に。

 

 

 

シキナミカズヤ建築研究所

 

April 17, 2015

大工工事が始まると、大工さんは「墨出し」という、下地の線をたくさん引いていきます。

打ち合わせをしながら、下地に納まりスケッチも描きます。

これらは、消されることなく仕上げ材の下敷きになっていくわけです。

下敷きになる線が多ければ多いほど、家に愛情が込められていくような気がします。

 

 

 

March 26, 2015

快晴、桜の開花とともに、フチュウの家、上棟。

 

シンプルな空間ですが、居心地の良い向きを追求しています。

 

 

 

February 17, 2015

 

フチュウの家、基礎の配筋が終わりました。職人さんが鉄筋をふんずけて鉄筋が反ったりすることもなく、ビシッとまっすぐ配筋されています。

 

 

シキナミカズヤ建築研究所

 

January 28, 2015

 

 

いよいよ着工しました、フチュウの家。

シンプルでコンパクト、暮らしに寄り添う家になるように設計しました。

工事の初日はやり方。建物の配置と高さを決めます。

トラブルなくすんなり決まりましたので、早速根切り。

ユンボーの扱いの丁寧さだけで、良い工事をしてくれそうな気配がプンプン漂ってました。

December 30, 2014

 

地鎮祭が行われましたフチュウの家。あいにくの雨だったため、工務店さんが持ってきてくれたテントで雨をしのぎました。

農家の敷地内に建つ家。母屋との距離感、農作業小屋との距離感を整えつつ、

農家という暮らしに、家がどう寄り添うか。

そういう部分を考えながらデザインした家です。年明けから工事が始まります。

 

施工はヤマゼン建設さんです。どのような家になるか、お楽しみに。

 

シキナミカズヤ建築研究所

 

Please reload

Please reload

RSS Feed

 © 2007 Shikinami Kazuya Architectural Laboratory. All rights reserved.

|住宅|別荘|店舗|横浜|神奈川|東京|千葉|埼玉|兵庫|北海道|大倉山|恵比寿|保土ヶ谷|目黒|富津|小江戸|川越|世田谷|青葉|妙蓮寺|白楽|祖師谷|調布|松濤|加西|根室|